西洋絵画美術館                                            
前のページに戻る

世界の印象主義



印象主義はそれまでの古典的技法に基づくパリの絵画界に新風を吹き込んだ。
その評価は二分されたが、古い文化や習慣に縛られていた世界の画家たちにも強い衝撃を与えた。
彼らの中にはパリに来て印象主義やポスト印象主義を学んで帰った者、自国で苦学し書物や版画などから印象主義を学んだ者など、その経緯は様々だが確実にその考え方は世界の絵画界へと広まっていったのである。
今日、我々はかなり進歩的な作品や難解な抽象画などを眼にすることが多く印象主義作品に特別な思い入れや新味を感じることは少ないが、宗教画や歴史画などを見慣れた当時の人々の目からは斬新に見えたにちがいない。
屋外に出て普通の人々の何気ない日常生活を風の香りや音などを画家の五感で感じながらスナップ写真のように描き出すことが、当時の人々や画壇にどれだけ強いインパクトを与えたか想像は容易である。
このページでは決して知名度は高くないが印象主義の思想を世界に広めた画家たちを特集している。



イタリア
編み物をする少女
セガンティーニ

スペイン
浅野の光の中のバレンシアの浜辺
ソローリャ







イタリア
コンブ・ラ・ヴィルの大通り
ボルディーニ

ドイツ
ノイ・クラドウの花壇
スレフォークト







ドイツ
あずまやにたたずむ獣医師ラインドル
ライブル

ドイツ
ミュンヘンのビアガーデン
リーバーマン







アメリカ
春のワシントン・アーチ
ハッサム

日本
舞妓
黒田清輝







ロシア
モスクワの庭
ポレーノフ

イタリア
ピラミッド広場、パリ、1875年
デ・ニッテス







スペイン
日よけの下で
ソリョーヤ

スペイン
街の闘牛
レゴーヨス







アメリカ
静かな朝
ベンソン

ノルウェー

サン・クルー近郊のセーヌ川

ムンク


Copyright(C) 2011 Gallery Aoki All Rights Reserved.
Homeルネサンス以前ルネサンスバロックロココ新古典ロマン・写実印象主義20世紀